NANJCOIN情報

MetaMaskでNANJCOINを保管!ベータ版の使い方

投稿日:

今回は、無料で使えて利便性の高いウォレット「MetaMask」を紹介します。

◇NANJCOINの保管におすすめのウォレット◇

【PCでの保管】

・MetaMask

・MyEtherWallet(MEW)

・ハードウェアウォレット(Ledger Nano S, TREZORなど)

【スマートフォンでの保管】

HBWallet

MetaMaskとは?

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム(ETH)やイーサリアムトークンを保管できるウォレットです。高いセキュリティと利便性を兼ね備えたウォレットであり、NANJCOINの保管にもおすすめです。

MetaMaskはGoogleChrome等のブラウザの拡張機能として提供されているため、フィッシング詐欺に遭う可能性が極めて低いです。また、MyEtherWalletではMetaMaskを使ってのログインが推奨されています。加えて、フィッシングサイトへのアクセスを検知して警告してくれる機能が付いていますので、ウォレットとして利用する予定がない方もインストールしておくことをおすすめします。

この記事では、2018年3月から提供されている新UIのベータ版の使い方を紹介していきます。ベータ版の特徴は次の通りです。様々な機能が追加され、以前よりも更に便利になっています。

・トークンの送金機能を実装、トークンの追加、削除も簡単に

・残高をすべて送る機能を実装(Maxボタンの追加)

・Chromeのタブとして開き、大きな画面での操作が可能に

・日本語に対応

・よりシンプルでわかりやすいデザインに

※あくまでベータ版であり、完全に問題なく動作する保証はありません。何らかの不具合が発生した場合は旧UIに切り替えてご利用ください。

MetaMaskのインストール

PCのGoogleChromeで利用する方法を紹介します。

(PCのFirefox・Opera、AndroidのFirefoxブラウザ等でも利用できるようです。)

GoogleChromeのインストール

(Chromeを利用していない方のみ)

こちらのリンクからGoogleChromeをインストールしておきましょう。

MetaMaskを拡張機能としてインストール

MetaMaskの公式サイトにアクセスします。

▼「GET CHROME EXTENSION」をクリック

 

▼Chromeウェブストアに飛ぶので「+CHROMEに追加」をクリック

 

▼確認画面が出るので「拡張機能を追加」をクリック

 

▼これでMetaMaskが拡張機能としてインストールされました!

 

アカウント作成の流れ

次に、MetaMaskで新しいアカウント(=アドレス)を作成します。

 

▼ブラウザ右上のキツネアイコンをクリックしてMetaMaskにアクセスします。

「Try Beta Version」をクリック

 

▼MetaMaskがChromeのタブとして開きます。「CONTINUE」をクリック

 

▼パスワードを入力して「CREATE」をクリック

※他のサイトで使っていない、複雑なパスワードの設定をおすすめします

(「Import with seed phrase」で既に持っているパスフレーズのインポートが可能)

 

▼アカウントイメージを確認して「NEXT」をクリック

 

▼Privacy Noticeに目を通して「ACCEPT」をクリック

 

▼Terms of Useの文章を一番下までスクロールして「ACCEPT」をクリック

 

▼次の画面で「CLICK HERE TO REVEAL SECRET WORDS」をクリックすると、シークレットバックアップフレーズとして12個の英単語が表示されます。

紙に書き留めるなどして、必ずメモを取ってください。

※このフレーズの紛失・盗難は、MetaMaskで保管している仮想通貨の紛失・盗難と同義です。紛失・盗難が起こらないよう細心の注意を払って保管してください。

 

▼「NEXT」をクリックすると、シークレットバックアップフレーズの確認に移ります。

メモしたフレーズの順番通りに下部の英単語をクリックしていき、「CONFIRM」をクリックしましょう。

 

▼アカウントの作成が完了しました!×マークをクリックすると、MetaMaskのメイン画面が表示されます。

 

MetaMaskの使い方

ここで一旦ログアウトして、ログインからの流れを確認します。

ログアウト/ログイン

右上の丸いアイコンをクリックするとメニューが出てきます。後はログアウトをクリックするだけです。

MetaMaskを使わないときは極力ログアウトしておきましょう。

ログインも簡単です。

ブラウザ右上のキツネアイコンをクリックしてMetaMaskにアクセスします。

先ほど設定したパスワードを入力して「LOGIN」をクリックすればログインできます。

メイン画面

ログインすると次の画面が表示されます。右上の赤く囲ったボタンをクリックするとChromeのタブとしてMetaMaskが開きます。

広い画面で操作ができ、格段に使いやすくなるのでおすすめです。以下では、ここをメイン画面として説明を進めます。

▼ちなみに、左上のキツネアイコンをクリックすることでどの画面からでもメイン画面に戻れます。

各種設定画面

メイン画面右上の丸いアイコン→設定とクリックして各種設定画面を表示します。

・基軸通貨(価値換算に利用) → JPY - Japanese Yen

・Current Language(表示言語) → Japanese

に設定しておきましょう。

その他に、パスフレーズの表示、旧UIへの切り替え、アカウントのリセット等を行えます。

アカウントの作成/インポート/切り替えなど

MetaMaskはMyEtherWalletとは違い、アカウント(=アドレス)をいくつも作成して使い分けることができます。

▼メイン画面右上の丸いアイコン→「アカウント作成」とクリックし、アカウント名を入力すれば新しいアカウントを作成できます。

 

▼既に持っているアカウントをインポートして使うこともできます。例えば、MyEtherWalletやHBWalletなどで既に使っているアカウントの「秘密鍵」または「JSONファイル」をインポートすることで、MetaMaskでもそのアカウントが管理できるようになります。

 

▼アカウントの切り替えは右上のメニューから簡単にできます。

 

▼メイン画面左上の「詳細」辺りをクリックすると、アドレスのコピー/QRコード表示、アカウントの名前変更、Etherscanでの取引履歴の確認、秘密鍵の表示などができます。

仮想通貨を受け取る際には、アドレスをコピーしたりQRコードを表示して送金元に自分のアドレスを伝えましょう。ETHやトークンは同じアドレスで送受金することができます。

カスタムトークンの追加/削除

例としてNANJCOINの追加方法を紹介します。

▼メイン画面左下の「トークン追加」→「カスタムトークン」とクリックして、トークンアドレスの欄に次のコントラクトアドレスを入力して追加してください。他の項目は自動で記入されます。

0xFFE02ee4C69eDf1b340fCaD64fbd6b37a7b9e265

追加したトークンの表示を消すことも簡単にできます。

イーサリアム(ETH)の送金

右上の「送信」からETHやトークンの送金を行うことができます。

ETHの送金の際にはいくつか入力する項目があります。

From 送金元の自分のアドレス(0x…)

送信先 送金先の相手のアドレス(0x…)

Amount ETHの送金量(Maxボタンで残高をすべて送金)

ガス料金 ガスプライス(GWEI)、ガスリミット

→ ガスプライスはETHGasStationStandard/SafeLowの値を参考に設定しましょう

  ※ガスプライスの値によって送金手数料や所要時間が変化します

→ ガスリミットは21000以上の値なら特に変える必要はありません

  ※ガスリミットが低すぎると送金に失敗します

 

入力後確認画面が表示されるので、内容が間違っていないかよく確認しましょう。「Edit」で前のページに戻り、「キャンセル」で送金を中止できます。

送金後にトランザクションの欄をクリックするとEtherscanで送金の状態を確認できます。ページを更新してStatusが「Success」になれば送金は成功です!

イーサリアムトークンの送金

送金したいトークンをあらかじめ追加しておいてください。

基本的な送金の流れはETHと同じですが、入力する値が少し変わりますので注意してください。

From 送金元の自分のアドレス(0x…)

送信先 送金先の相手のアドレス(0x…)

Amount トークンの送金量(Maxボタンで残高をすべて送金)

ガス料金 ガスプライス(GWEI)、ガスリミット

→ ガスプライスはETHGasStationStandard/SafeLowの値を参考に設定しましょう

  ※ガスプライスの値によって送金手数料や所要時間が変化します

→ NANJCOINの場合、ガスリミットは60000程度に設定してください

※適切なガスリミットの値はトークンによって異なります

 

入力後確認画面が表示されるので、内容が間違っていないかよく確認しましょう。「編集」で前のページに戻り、「キャンセル」で送金を中止できます。

送金後にトランザクションの欄をクリックするとEtherscanで送金の状態を確認できます。ページを更新してStatusが「Success」になっていれば送金は成功です!

 

まとめ

今回はMetaMask(ベータ版)の使い方を紹介しました。

既にMetaMaskを利用している方もベータ版を試してみてください。

MetaMaskを使ってETH/NANJCOINを安全に、簡単に保管しましょう!

-NANJCOIN情報

Copyright© NANJCOIN OFFICIAL BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.